1. ホーム
  2. 加齢肌への対応策とは

加齢肌への対応策とは

女の人

悩みに合った成分を選ぶ

30歳を過ぎると、しわやたるみ、くすみに悩む人も多くなり、そろそろエイジングケアの化粧品を使ってみたいと思うようになります。しかし一口にエイジングケアといっても、様々な成分があり、それぞれどのような悩みに効果があるのかも、また異なって来ます。どのような悩みに、どのようなエイジングケア化粧品を使うといいのかを、悩み別に見て行くことにしましょう。まずしわですが、浅いしわの場合は保湿を十分にすることで対応できます。化粧水をたっぷりなじませ、その後乳液やクリームをつけることで、肌の水分量は一定に保たれるからです。ただし深いしわの場合は、コラーゲンやエラスチンが減少しているため、これらの成分が配合された物を使いましょう。コラーゲン配合の化粧品は、ビタミンC誘導体が配合された化粧品と併用すると、効果が高くお勧めです。それからレチノールも、しわやたるみに効果があるため、エイジングケア化粧品には欠かせない成分です。たるみにはその他にも、活性酸素を抑制する成分、たとえばコエンザイムQ10やアスタキサンチンなどが配合されたエイジングケア化粧品もいいでしょう。またビタミンC誘導体は、たるみにも効果があります。ただし乾燥しやすくなることがあるので、保湿系の化粧品と併用するといいでしょう。そしてくすみですが、糖化によるものや乾燥によるものがあります。糖化は老化たんぱく質が形成され、老けてみえる原因となります。この場合は生活習慣を改めることになります。また乾燥が原因と思われるくすみの場合は、保湿を十分にしましょう。また紫外線や古い角質が原因のこともあるので、それに対応したお手当をするといいでしょう。